Hyper Billing

一括でまとめた費用ではなく個別の費用を反映した日本円での請求書の発行が可能であり、社内の様々なインスタンスに階層的なアクセスが可能です。ピボットテーブルを支援し、tag基準でコストの管理ができます。

月別、日付別、地域別、サービス別の使用量に対する正確なデータの確認
ピボットテーブルの支援、tag基準のコスト管理